2008年06月28日

しいなが生まれた日

生まれたて.JPG

突然、過去に戻ってしいなが生まれたときのことを書きます。
いつかは書かないと・・・って思いながらも、いろんな思いが
よみがえってきてなかなか手を出せませんでした。
でも、忘れないうちに書いとかないとね。。。って忘れることはないか。。。


平成17年11月21日午後4時ごろ、しいなは長崎の産院で生まれました。
生まれたとき、しいなは泣きませんでした。
新生児仮死で生まれたしいなは、赤ちゃんなのに紫かグレーのような色でした。
やっと生まれてホッとする間もなく、一気に不安な気持ちになり、
早く息をしてほしいとひたすら祈っていたのを覚えています。

私にとってはとても長い時間に感じましたが、実際は数分でしいなは息をしてくれ、
か弱いながらも産声をあげてくれたのです。
ほんとうに、ほんとうにかわいい赤ちゃんでした。親バカですが・・・
世の中にこんなに嬉しいことがあるんだなぁ〜って幸せな気持ちでいっぱいでした。

でも、そんな幸せな時間は長くは続きませんでした。
しいなが生まれた産院は母子同室なのですが、しいなは呼吸状態が
悪かったので、新生児室で様子を見ることになりました。
その数時間後、先生が来て「呼吸の状態がよくならないので、念のため大学病院に搬送します。」と言いました。
突然、周りがバタバタとあわただしくなり、しいなは小さい箱に入れられて、先生としいパパと実家から駆けつけた私の母に付き添われて、救急車で行ってしまいました。

大学病院での診断は胎便吸引症候群の疑いでした。
2〜3週間の入院が必要と言われ、さみしかったけどしいなが元気になるためにはしょうがないなぁと思っていました。


でも、その数時間後・・・
しいなはけいれん発作を起こしました。

それがどれほど重大なことなのか、私たち夫婦はよく分かっていませんでしたが、この日からしいなのてんかんとの戦いは始まり、それは今日も続いています。

写真は生まれてすぐ、まだ分娩室にいるときのしいなです。
まだ見えていない真っ黒な瞳で、じっとこちらを見ていたことをよく覚えています。




posted by しいママ at 23:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 生まれてから今まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。